フロントラインのネットからのご注文|ノミやマダニを駆除のフロントライン

犬の飼い方を考える

一昔前なら、犬を飼うなら室外に小屋があることが一般的でしたが、今では屋内で犬を飼う方が増えてきています。これは、犬が吠えると近所に迷惑になるからという理由が大きいようです。

 

室外で犬を飼うと、パトカーや救急車が通るたびに、あたりの犬が一斉に吠え出したりしたものですが、今はしつけが行き届いてきており、それほど吠えたりする犬が少なくなってきているようです。

 

それでも庭付きの一戸建てを購入した方なら、「庭に犬でも飼おう」と考える人もいます。都会では室内で飼っている人が多いです。しかし、室内で犬を飼うと、犬が運動不足になるのではないかと考えることがあります。基本的に散歩以外は外出しないので、そう考えるのもわかります。一日中、鎖につながれているのと違い、室内犬は基本家の中では自由にされていることが多く、運動不足に関しては、室内でゲージに変われているときに起こることが多いようです。

 

日本犬に関しては、昔から自然の中で買われ続けてきているので、気候の変化に関しては強いといえます。そのために、犬の体質に合わせるのではなく、飼い主のライフスタイルによって、室内で買うか、室外で買うかが決定するといえるでしょう。どちらを選ぶにしても、犬を飼い始めるときには決めておくことが必要です。


page top